新着情報

建設業の皆様の社会保険・労働保険のご相談を承ります。

新しく個人事業主から法人成りされた事業主様など、社会保険や労働保険(労災保険、雇用保険)の加入を検討されている皆様のご相談を承ります。とりわけ、建設業は業務の形態によっては現場と事務所の両方に労災保険を加入しなければならず、保険料の計算なども含め他の業種に比べて手続がとても複雑です。
初回相談無料
ですので是非ご活用下さい。

★社会保険(厚生年金・健康保険)加入のご相談。
★労働保険(雇用保険・労災保険)加入のご相談。
★一人親方、事業主の労災保険加入のご相談。
★その他、求人や労務管理のご相談など。

このようなご相談をいただいております

従業員が増えてきたので社則、就業規則を整備したい
  福利厚生も含めて、今まで運用してきたルールを書面化したい。最近、うつ病になった社員がいるのだが、休職させるには会社の規程が必要だと聞いたのだが・・・

労働基準監督署から指導を受けた
  先日、労動基準監督署から残業手当がきちんと支払われていないと指導された。
  また、残業を命令するには36協定という書面による協定書が必要と言われた。
  是正報告書を提出しなければならないが書き方がよくわからないので専門家を探している。

ハローワークに求人を出したいが・・・
  ハローワークに求人を出そうと思い出向いたが、提出する書類の書き方がわからない。有給休暇や休日、労働時間、賃金など法律で決まりがあるのは知っているが、どのように決めれば良いのかわからないので相談したい。

従業員の入退社が多く手続きが面倒になってきた
  特に離職票の書き方が難しいし、社会保険料の算定基礎届の書き方があっているのか、
  保険料を払いすぎていないか心配なのでプロに任せたい。
  国民健康保険組合に加入しているが、一方で協会けんぽに加入している社員もおり、手続きが面倒。また国民健康保険組合は、手続きの都度住民票を提出しなければならず面倒。

会社を設立したので労災保険、雇用保険に加入したい
  法人を設立して従業員を数名雇入れしたが、労災保険、雇用保険に加入しなければならないと聞いたが、どのような手続きが必要なのか?また社会保険も加入しなければいけないのか?
それぞれ保険料はいくらくらいかかるのか教えて欲しい。

助成金の情報が欲しい
  雇用保険に加入していると助成金がもらえると聞いたことがあるが、ハローワークの手引を見ただけでは条件も申請方法も難しくてわからないので相談したい。

当事務所にご相談下さい

↓↓↓無料相談はこちらから
無料相談窓口 пF04-2990-8940
平日9:00〜19:00 担当:印牧(かなまき)

無料相談フォームはこちらから

ごあいさつ


業種・規模を問わずお気軽にご相談下さい。

弊所のホームページをご覧いただきありがとうございます。社会保険労務士は労働・社会保険の手続、従業員の労務管理などを行う「社外の人事部門」のような存在です。
従業員の入社、退社にともなう労働保険や社会保険の手続きの代行はもとより、就業規則による社内ルールの整備から残業問題、賃金制度、人事評価制度、労使トラブルなどの労務諸問題を解決に導き、従業員が生き生きと仕事ができる環境づくりのお手伝いをさせていただきます。
個人事業主の皆様から数十名規模の会社まで、また、業種も問いませんのでお気軽にご相談下さい。

社会保険労務士  印牧 政彦

代表プロフィール

★1963年兵庫県生まれ。奈良県出身
★1985年パイオニアコミュニケーションズ株式会社入社、回路設計、商品企画に従事。
★同時期、企業内労動組合の役員として12年間、会社と従業員の橋渡しを行う。
 これが社会保険労務士を志すきっかけとなる。
★2008年埼玉県入間市にて社会保険労務士事務所を開設、現在に至る。


ブログ公開中>>>>「埼玉県入間市の駆け出し社労士日記」

facebook公開中>>>>日々の仕事のこと、プライベートのことをつぶやいてます。

★私の参加している「社長の学校」埼玉中小企業家同友会の取材がありました。

当事務所の特徴


お客様のご要望に応じて柔軟に対応いたします


社会保険労務士というよりも、「経営のパートナー」という考え方でお付き合いさせていただきますので、社会保険労務士業務全般についてはもちろん、経営上のさまざまなご相談についても窓口としてお気軽にご相談下さい。また、内容によっては当事務所以外の他士業や専門家をご紹介させていただきます。

通常、社労士事務所では従業員数に応じて一律の価格基準を決めていることが多いのですが、
実際にはお客様によってニーズは様々です。手続き代行の必要の有無だけでなく、定期訪問の有無や労動保険のみ加入のお客様、従業員数は比較的多くても従業員の入社退職が少ない会社など
多種多様です。私たちがお客様から頂く報酬はご依頼いただいた仕事に対して生じる責任の重さと掛かる時間によって決められるものですので、お見積もりを提示しご相談の上決めさせていただきます。

わかりやすい説明を心がけています

行政への届出や送られてくる書類は非常に難解なものが多いのが事実です。
どこまで重要なのか、なぜそれが必要なのか、なるべく普通の言葉でわかりやすくご説明することを心掛けています。書類の作成、提出は私たちが責任をもって代行しますが、基本は事業主様にご理解いただくことが重要だと考えております。

社労士の仕事について取材を受けました(株式会社フォーサイト様)

お客様からのよくあるご質問

Q.社労士に頼める具体的な仕事が何かよくわからない
A.一般的なな社労士の仕事はこのサイトの業務案内に記載している通りですが、社労士以外にも税理士、司法書士、行政書士など多くの士業がありますが、大体の仕事はわかっていても「これってどっちに頼めばいいのだろう?」と迷うことは多いと思います。そんな時でもとりあえずご相談いただければどの士業の仕事かご案内させていただきます。

Q.社労士の選び方を教えてほしい
A.社労士と言ってもそれぞれ得意とする業務がありますので、ホームページや実際に合って具体的なお話を聞くのが一番だと思います。また、人と人のお付き合いですから致し方ない部分があるのですがお客様との「相性」が一番大切なような気がします。先ずは単発の業務を依頼するなどによりその社労士の力量や相性を確認されてはいかがでしょうか。

Q.費用はどのくらいかかるの?仕事の依頼方法は?
.基本的に従業員数によって報酬は決まりますが、当事務所の場合はご依頼される仕事の内容と責任によって費用を決めさせていただいています。一例として従業員数が5名以下で月に2件程度の何らかの手続きがある場合の顧問契約で月額15,000~20,000円くらいですが、お見積を提示、ご相談の上決定させていただいたおります。
契約方法は継続してお付き合いいただく顧問契約をお薦めしています。それは、長く関与させていただくことにより会社の良いところ、問題点が客観的に見えてくるため、積極的にご提案できるのと、いつでも気軽に何でも相談、依頼できるというメリットがあります。
契約前の初回相談は無料で対応させていただいておりますのでご活用下さい。

Q.どの社労士に頼んでも結果は同じじゃないの
A.手続きなど結果が決まっているものについてはある程度そう言えると思いますが、業務によっては実務経験によって結果が異なる場合もありますので前述のように具体的に話を聞かれることをお薦めします。また、当事務所では手続きについても結果の詳しい内容をご説明するのはもちろん、一歩先を読んだサービスを心掛けています。

Q.単発の業務(スポット)も引き受けてくれるの?
A.もちろんスポット業務も喜んでお引き受けします。特に会社設立時は労動保険や社会保険の新規適用が必要な場合がありますので是非お声がけ下さい。

Q.営業エリアは限定されているの?
.社会保険労務士の場合、営業エリアは限定されていません。実際には川越、所沢、入間、狭山、東京都23区のお客様が多いですが、三多摩地区や埼玉県北部のお客様もいらっしゃいますので先ずはご相談下さい。

業務案内

就業規則の作成
従業員が会社で仕事をする上で職場のルールや会社全体の決まりごとが必要になってきます、それが就業規則です。就業規則は労働局などからひな形が提供されていますが、会社ごとに規模や業種、制度が異なるにもかかわらずそのひな形をそのまま使用されている会社も散見されます。会社にマッチしたオリジナルの就業規則をご提案いたします。

icon就業規則について詳しくはこちら



人事制度構築
中小企業にあった従業員のやる気を引き出す労務管理、人事制度提案を致します。一般的な書籍やセミナーのほとんどは専門の人事担当がいる大企業向けに作られたもので、そのまま中小企業にあてはめるには無理があります。中小企業の人事制度は意外にチョットしたアイディアが活用できる場合があります。

icon人事制度構築について詳しくはこちら



是正勧告対応
きちんと法律を守っていても避けて通れないのがこれです。
労働基準監督署からの臨検、是正勧告書や指導票に対する適切な是正措置、会社の規模に合った労務管理のアドバイスをいたします。

icon是正勧告対応について詳しくはこちら



助成金の申請代行
助成金は雇用保険に加入して一定の条件を満たすと事業主に支給される返済不要の給付金です。助成金には多くの種類があるのですが、それぞれ受給できる条件も異なり手続も面倒です。御社に最適な助成金をアドバイスいたします。

icon助成金申請代行について詳しくはこちら



社会保険・労働保険の手続代行
社員の入社、退職にともなう社会保険(厚生年金、健康保険)、雇用保険の手続、労働保険の年度更新、および労災給付、36協定などの届出を行います。一定の規模の会社であれば手続きそのものは社内で行われている場合も多いと思いますので、一部の手続きのみの代行やアドバイスなどバックアップとしてのご依頼ももちろん承ります。

icon
手続代行について詳しくはこちら


給与計算
給与計算は毎月決まった業務ながら、入退社にともなう社会保険・雇用保険の手続と密接に連携しているため保険料計算や控除など面倒な業務でもあります。弊所では社会保険・雇用保険の手続から月次の給与計算、賃金台帳の作成、給与明細書の作成までワンストップで承ります。

icon
給与計算について詳しくはこちら


労務診断
昨今、労使トラブルの増加とともに従来は見過ごされがちであった労務リスクが顕在化しています。就業規則チェック、会社規定チェック、ヒヤリング等により労務リスクの診断と改善提案を行います。

icon労務診断について詳しくはこちら


障害年金の請求手続
公的年金のもう一つの役割として、病気やケガにより働けなくなった時の所得補償があります。それが障害年金です。年金の中でも障害年金はあまり知られておらず、請求する権利がありながらも未請求となっている場合や、年金事務所の窓口に行ったが、説明が難しく請求をあきらめてしまったなど老齢年金などに比べてとても難解です。まして、障害をお持ちの方が請求手続きを行うとなるとさらにハードルが高く感じると思います。当事務所では信頼できる社労士と連携して「むさし野障害年金サポート」として少しでも多くの方々が受給できるようお手伝いをさせていただきます。

icon障害年金のご相談「むさし野障害年金サポート」はこちら

営業エリア

<埼玉県>
所沢市、入間市、狭山市、飯能市、日高市、三芳町、川越市、さいたま市大宮区・さいたま市浦和区・さいたま市西区・さいたま市北区・さいたま市見沼区・さいたま市中央区・さいたま市桜区・さいたま市南区・さいたま市緑区・さいたま市岩槻区、富士見市、ふじみ野市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、川口市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、熊谷市、深谷市、鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、春日部市、草加市、越谷市、三郷市、吉川市、秩父市、行田市、蓮田市、久喜市、加須市、伊奈町、毛呂山町、越生町、小川町、嵐山町、川島町、吉見町、ときがわ町、その他埼玉県内全域

<東京都>
東京23区(豊島区・中野区・杉並区・練馬区・板橋区・港区・中央区・千代田区・文京区・新宿区・渋谷区・北区・世田谷区・目黒区・品川区・大田区・台東区・江東区・江戸川区・墨田区・荒川区・足立区・葛飾区)、東村山市、清瀬市、小平市、小金井市、東久留米市、西東京市、国分寺市、東大和市、武蔵村山市、青梅市、立川市、八王子市、武蔵野市、羽村市、福生市、昭島市、府中市 、調布市、三鷹市、町田市、あきる野市、その他東京都内全域