是正勧告とは

労働基準監督官は、労働基準法の違反があるかどうかを調査するために事業所への立ち入り(臨検といいます)をすることがあります。
臨検の結果、法違反などの問題があった場合、是正勧告書という書面を交付され、指定された期日までに是正するよう勧告されます。

臨検は定期的に無作為に行うもの、従業員からの申告によるものなど、いつ臨検の対象になるか全くわかりません。是正勧告書を受けないためには、日頃からの法定書類の整備、労務管理がとても重要になります。

是正勧告で指摘されやすい事項

・10人以上の事業所にもかかわらず就業規則未作成、労働基準監督署へ未届出
・残業の未払い(サービス残業)
・36協定未届
・労働条件の書面による明示違反
・賃金台帳への労働時間の未記入


是正勧告を受けたら

是正勧告は行政指導のひとつですが、是正報告を提出せずに放っておくと、最悪送検される場合があります。是正勧告は、なんらかの法違反があるということですから、先ずは期限内に対策を考えた上で是正報告書を提出しなければなりません。
また、単に是正報告書を提出するだけではなく、これをきっかけに自社の
労務管理の方法について見直してはいかがでしょうか?
労務管理の方法によっては、コストにも影響するものもありますので、是非この機会に
社会保険労務士にご相談下されば適切なアドバイスをさせていただきます。

           社会保険労務士にご相談下さい